統一地方選挙が終わりました。

明石市議会議員選挙、今回は市長選挙が行われなかったのですが、36.99%とかなり少ない投票率になってしまいました。3人に2人が明石の未来を決めることを拒否してしまいました。明石にお金が無くなる、明石から人が居なくなる。それと同じくらい、興味が無くなることが危機的なことであると感じます。

明石青年会議所は未来のために、投票にいくことの大切さを訴えていきます。皆さんも選挙啓発にご協力お願いします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る